シャーマニック心理学協会 公式サイト

無意識とのつながりを取り戻して意識に統合する

 シャーマニック心理学に基づいた,現代的にアレンジしたシャーマニズムの復興は,近代的自我の発達につれて無意識に潜在してしまった深く豊かな知恵の活用と関連しています。その深く豊かな知恵は,意識で行う思考のレベルを遙かに凌駕するために,私が自分自身だと感じる自我(意識)の範囲外に置かれがちで,神仏や精霊といったものに投影されたり,あるいは至高体験や神秘体験といった急激な無意識体験により,自我との境界が薄れて自我肥大を引き起こし自分が神仏や精霊であるかのような幻想に陥ったりと,極めて強い引力をもっています。これを禅では「魔境」と呼び,指導者につかずに無意識の深みに入ることの危険姓を説いていますが,段階を踏んで適切に無意識の知恵を活用するなら,これほど日常をより豊かに生きられる知恵はありません。時には心身の症状や身近なトラブルを未然に回避させてくれますし,既に起こっている心身の症状や身近なトラブルを通して無意識の知恵に気づくことができたりもします。人は得てして,順調に進んでいるときはそういった知恵を活用したいとは思わないもので,心身の症状や身近なトラブルといった問題が起こると,何とかしようと考えたり工夫したりします。実は,こういった問題を通して無意識の知恵がメッセージを伝えようとしているのですが,意識と無意気の間には境界があるので,自我(意識)はなかなか気づくことができません。この境界を越えるには,心理療法やそのルーツといわれるシャーマニズムとも共通する,変性意識状態の活用が不可欠です。シャーマニック・アウェアネス・サポートは,あなたがシャーマンのように変性意識状態を活用して,無意識の知恵につながって深く豊かな気づきを得られるようなサポートを行います。

 シャーマニック・アウェアネス・サポートは,医療モデルのイメージが強いカウンセリング/心理療法とは異なり,心身の症状や身近なトラブルを「何とかしてもらう」というような受け身の姿勢ではなく主体的に取り組むことを強く推奨します。茶道や華道などの芸事を身につけるようなイメージに近いと思いますが,いわば「こころ道」と表現できるような「道」の実践をサポートします。心身の症状や身近なトラブルはつらく苦しいものですが,そこに内包されている無意識のメッセージに気づくことで,それが自然に緩和されたり解消していくことがほとんどです。対症療法的に症状を抑えたりトラブルを回避したところで,無意識のメッセージは受け取られていないので,形を変えてそれに気づくことを促されることが続きがちです。あなた自身の無意識ですから意地悪をしているのではなく,大所高所からの無意識の知恵により,気づいておかないともっと大ごとになったり大きなチャンスを逃したりするので,必要だからやむを得ずメッセージを送っていると言えます。ですが,心身の症状やトラブルに発展するまでに,本当は無意識からたくさんのメッセージが送られていたはずなのです。あなたの自我(意識)がなかなかそれに気づかないので,困らせるようなことで直面してもらうしか方法がなくなったとも言えます。誰でも,自分の大事な声かけに気づいてくれなかったら,もっと大きなアクションを起こそうと考えますよね。そして,このメッセージに気づくためには,受け身では難しく,主体的に心身の症状や身近なトラブルと向き合うことが必要になってきます。もちろん,それと向き合うことがつらく苦しいことも自然なことですので,向き合えるだけの気持ちの余裕ができるまでは,カウンセリング/心理療法を活用してサポートしていきます。シャーマニック・アウェアネス・サポートは,従来のカウンセリング/心理療法を超えたその先を目指しています。

 心身の症状やトラブルと向き合うと言うのは,必ずしもそれらに立ち向かうことを意味しません。心身の症状や身近なトラブルに内包される意味を無意識のメッセージとして受け取るために,よく見つめていくという感じです。大海に浮かぶ小舟に例えてみましょう。あなたは小舟に乗って人生という大海を旅しています。時折,あなたが進もうとする方向から,大波が向かって押し寄せてきます。それに対して,立ち向かおうとしても逃げようとしても,大波は小舟を呑み込んで沈めたり転覆させたりするでしょう。大切なのは,その大波を見つめてよく観察し,どのような形と大きさの波がどの方向にどんな勢いで進んでいるかを把握することです。大波と向き合うには勇気がいりますが,大波の動きを把握していれば,小舟をタイミングよく大波に乗せてやり過ごしたり,サーフィンのように大波に乗って大きく進んだりできるでしょう。この大波が,心身の症状や身近なトラブルと考ると,実はその大波の底には,あなたがその波の方向に進むように導いている存在がいるはずです。でも,あなたはその存在を認識することができないので,大波を自分と対立するものとして,立ち向かったり逃げたりしようとします。大波が自分を導こうとしていることを理解できれば,大波が何を意味しているかをよく把握しようとするでしょう。自然の法則に従えば,大波に乗って進む方がとても早く目的地に着けるのに,あなたは最短距離を行けば早いと考えて大変な労力を重ねていたのかもしれません。目的地に着く前に,別の場所で経験を積み重ねてからの方が,目的地について最大限のことを成し遂げられるのかもしれません。このように,人生という大海の底には,無意識の知恵を持つ存在があり,人生をより深く豊かに生きられるように導こうとしていると考えられます。

 シャーマニック・アウェアネス・サポートでは,シャーマンが自然の法則に従って精霊などアニミズムの世界観のもとに無意識の知恵とつながりメッセージを得ていたように,あなた自身がシャーマンのように変性意識状態に入って無意識の知恵とつながりメッセージを得ることで,人生をより深く豊かに生きられるようにサポートします。そのために,シャーマンが伝統的に用いている占いも活用します。小舟と大波の例で言えば,人生という大海を旅するための羅針盤を作っていく助けにもなりますし,大波が何を意味しているかという無意識のメッセージを読み解くヒントにもなります。また,ネオ・シャーマニズムの流れを汲み,シャーマニズムから多くを学び活用している,ユング心理学を発展させたプロセスワーク(プロセス指向心理学)を多用して,変性意識状態に入って無意識とつながり,深く豊かなメッセージを受け取れるようにサポートしていきます。また補助的に,臨床心理学の知見に基づきカウンセリング/心理療法の技法も活用して,心身の症状や身近なトラブルと向きあえる余裕がもてるように,必要なサポートも行っていきます。シャーマンは変性意識状態に入ることで,様々な自己変容を行い,無意識という大海の底まで見通す力を身につけていきます。人生という大海を旅するにも,あなた自身が潜水服を身につけたり,小舟を帆船や蒸気船などに進化させる必要が出てくるでしょう。このような自己変容も,変性意識状態を活用することでまず無意識レベルで変容する体験をして,それを日常の中でも実践しながら自分を変えていくことを可能にします。意識的に自分を変えようと努力するよりも,無意識に押し込めたり眠らせたりしている「本来の自分」を見つけることで,いつの間にか身につけた余分な心のクセを取り払い,「本来の自分」を取り戻していくことができます。それが,本当になりたい自分の姿であったりもします。「こころ道」を歩んで,本格的にシャーマンの道を進もうとするなら,それは長い道のりになりますが,まずは心身の症状や身近なトラブルと向き合って,無意識の知恵とつながりメッセージを受け取り,日常に活かしていくという実践から始めましょう。あなたが,より深く豊かに人生を生きられるように,無意識の知恵とつながり「本来の自分」を取り戻していく道を共に歩めるように,サポートできる機会を心待ちにしています。

シャーマニック・アウェアネス・サポートは,下記の通りで,「こころオフィス・盛田」で受け付けております。
・シャーマニック・コラージュ:集団で実施。コラージュを用いたアウェアネス・ワークを通して無意識のメッセージに気づく
・個人セッション:個人のサポートを実施。具体的な心身の症状やトラブルに向き合いながら無意識のメッセージに気づく
「こころオフィス・盛田」へ https://www.kokoro.in