シャーマニック心理学協会 公式サイト

無意識とのつながりを取り戻して意識に統合する

会長:盛田 祐司 (もりた ゆうじ)



臨床心理士/タオ・セラピスト
「こころオフィス・盛田」代表
「シャーマニック・コラージュ」創始者
「心理数霊術」創始者
日本プロセスワークセンター「フェイズ1実践コース」在籍
 
シャーマニズムとの出会いは,放送大学で心理学を学び,卒業論文のテーマを選ぶ過程で,シャーマニズムが心理療法のルーツであるとの記述を見つけた時でした。それは,東洋占術師としての活動から心理的問題を扱う必要を感じ,臨床心理士を目指すことになった僕にとって,とても魅力を感じるもので,夢中になって取り組みました。

臨床心理士になって,専門家としての社会的役割を確立しようと躍起になるあまり,いつのまにかシャーマニズムへの情熱は無意識の奥に眠らせてしまっていましたが,その情熱が頭をもたげてくるのと共時的に,長年コミットしていた組織から排除され始めた時,シャーマンへの召命のようにユングのいう「死と再生」のプロセスを経て「個性化」していきました。

その「個性化」のプロセスの帰結が,シャーマニック心理学協会という新たな社会的な活動だと確信しています。シャーマニズムやプロセスワークなどの接点をもつ理事長とも共時的な出会いで意気投合し,協力しながら発展させていければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
理事長:谷口 はるひ (たにぐち)



日本フレームドラム協会会長
統合心理セラピスト/ヒプノ・ミュージックセラピスト
(株)ネクストセンス代表取締役
東海大学大学院人間環境学研究科内「居ごこち学会」顧問
心の世界探求のきっかけは私自身のスピリチュアル・エマージェンシー体験でした。音楽家として活動しつつも40年以上心理学に関わり続けた私に、ある時天命のように降ってきたのが「フレームドラム」との出会いです。

起源はメソポタミア。古代では女性神官が儀式や治療で使っていたというこの世界最古と言われる太鼓は、シャーマニズムの中でも重要な位置を占め、シャーマンがトランスに入るのに必ずと言っていいほど用いられるものです。

私は現在その伝統と深層心理学、特に催眠療法と音楽療法を融合させ、新たに「ヒプノ・ミュージックセラピー」として開発しお伝えする活動を行っています。

この度シャーマニズム心理学協会発足にあたり理事長を拝命し、微力ながらも現代人が失いつつある深層意識とのつながりを回復するお手伝いが出来ればと思っております。

古代の叡智と現代心理学の架け橋として、そして私たちが本当に心の底からなりたい自分になって安心した人生を送れるよう、意識と無意識の統合をテーマに活動して行きたいと思います。